Search
Search Menu

自動運転・autonomouscarのデメリット

自動運転・autonomouscarの方法が実現してしまえば、日本は一体何がどう変わるのでしょうか自動運転・autonomouscarの方法は、メリットだけでなくデメリットも生んでしまうでしょう。

運転免許はムーチョがおすすめ

運転手不要

運転手不要というのも自動運転・autonomouscarのメリットに見えます。しかし、それはデメリットかもしれません。

実際には、運転手不要を実現するため、運転手不要タクシーサービスの事業化には、いろいろな企業が名乗りをあげている事実があります。

でも、そのような自動運転・autonomouscarの世界が展開してしまえば、タクシー運転手の仕事がなくなってしまいますよね。

タクシードライバーは絶対にそんな時代は来て欲しくない……と思っているでしょう。

しかし、自動運転・autonomouscarの時代は間違いなく来てしまうかもしれません。

ドライバーも高齢化していて人手を確保するのが難しい時代と言います。社会的には、そのような自動運転・autonomouscarのあり方が、メリットとしてもとらえられるのでしょうけど。

様々な自動運転・autonomouscarの取り組み

みなさんが思っている以上、自動運転・autonomouscarの世界はもう既に非常にリアルなのです。

商業施設の敷地内で自動運転バスを運行するロボットシャトルだったり、自動運転・autonomouscarを活用した物流サービス、ロボネコヤマトというものも、もう空想ではなく、実現に限りなく近づいて来ています。

タクシー、バス、宅配便……、このような世界で、自動運転・autonomouscarは、大いに活躍してくれることでしょう。

しかし、やっぱり、日本人の労働が自動運転・autonomouscarに奪われてしまうのも事実なのです。

いま時代は、何を優先してしまうのかといえば、やっぱり労働力の懸念材料があっても、技術の進化を目指し、進化によってメーカー・企業が潤い、景気が良くなることを良しとしているのでしょう。

それは、私達の未来に仕方のないことかもしれません。未来に望んでいるのは、退化でも、停滞でもなくやっぱり【進化】なのです。

しかし、やっぱり自動運転・autonomouscarで、どのような仕事が要らなくなってしまうのか……ということもリアルに考え、対策についても検討しなければなりません。それをしなければならないのは、いまと言うことも出来るのではないでしょうか。

自動運転・autonomouscarの登場によって、法人タクシーなどの交通サービスはもう不要です。商業施設、空港、遊園地と言ったエリアでは、率先して、自動運転・autonomouscarを取り入れていくことでしょう。

路線バスは、人間が運転する自動車の間に入り、長いコースを走る必要があるので、比較的まだハードルは高いのかもしれません。

それでも商業施設や空港、遊園地では、スムーズに自動運転・autonomouscarを走行させることができるでしょう。

Leave a Comment

Required fields are marked *.