Search
Search Menu

電気自動車・electriccarはどうか

電気自動車・electriccarは実際にどうなのでしょうか。電気自動車・electriccarは、 エコな自動車と言います。しかし、本当にエコは実現しているのでしょうか。

合宿免許はムーチョで

電気自動車・electriccarは果たしてどうなのか

みなさんは電気自動車・electriccarに夢見ているのではないでしょうか。

果たして、電気自動車・electriccarに真実の未来は存在しているのでしょうか。

私達はもう少しシビアに電気自動車・electriccarを追求する必要があります。

イヤやトランスミッションは確実に進化して、エコに対して20年前のおおよそ2倍まで改善されたといいます。

まさにいま、未来に誇るべき「自動車」と言っていいでしょう。

しかし、世界的視点に立てば、地球温暖化の原因とされるCO2(二酸化炭素)問題は、このレベルでは解決出来る問題ではありません。

もちろん、私達がとらえていかなければならないのは、世界的視点です。

実際に各国政府は、自動車に対して、さらなる燃費規制を仕掛けて来ています。

もちろん、日本も、そのような問題をしっかり受けとめてCO2削減を目指していかなければならないでしょう。

そんな中、やっぱり注目度が高い存在が、「電気自動車・electriccar」ということになります。

電気自動車・electriccarのあり方

エンジンを搭載したクルマや、エンジンとモーターを組み合わせ走行するハイブリッドな自動車は、化石燃料を消費、CO2を発生させてしまうことになります。

しかし、電気自動車・electriccarの場合バッテリーに蓄えている電力でモーターを回し走る自動車なので、排気ガスを一切出しません。

ここに電気自動車・electriccarの大きなメリットが存在し、明るい未来が待っています。

電気自動車・electriccarに期待されているのは、ゼロエミッション・ヴィークルなのです。

本当にゼロエミッション?

ただし、電気に対して注目をすれば、電気自動車・electriccarは、決してゼロエミッションを実現している訳ではありません。

そこで電気のない暮らしを私達がもしも実現することができれば、電気自動車・electriccarの存在自体、無用の長物となってしまうでしょう。

まだまだ、実際に私達は、電気自動車・electriccarに対して追求していかなければならないことがあります。

果たして、電気自動車・electriccarはCO2排出量低減にどの程度貢献しているのか、私達はもっと現実的にシビアなに目をもって追求していかなければなりません。

それが、私達の明るい未来のためです。

Leave a Comment

Required fields are marked *.